腸内フローラを整えてお肌も腸も美しく

あなたは普段どんなことをしてスキンケアに取り組んでいますか?

洗顔を丁寧に行い、高い保湿力のパックを使って、化粧水や乳液をたっぷりつけて完成!
外側からのスキンケアはお金をかければ簡単なことです。

しかし、からだの中からキレイにならないと、根本的な解決にはなりません。
年齢が若いうちはそれくらいで問題ないかもしれませんが、年を重ねていくとそうも行きません。

肌荒れや吹き出物やニキビは、身体の内側に溜まった老廃物が原因と考えられています。
もちろん、そのほかにもストレスや外気、花粉などが関係している肌荒れもありますが、それらから自分を守る「バリア機能」が弱くなっているとも考えられます。

ではそのバリア機能をどうやって高めるのでしょうか?

腸内フローラを整えることで、お肌も腸も美しくなります。

人間の体はまず「腸」から作られます。

赤ちゃんがお母さんのおなかの中で成長していく時、一番最初に作られるのが「腸」なのです。
それだけ重要な役割を果たしている腸は、食べたものの栄養を吸収したり、残りカスを排出する器官です。
女性の多くが便秘で悩んだり、ダイエットが成功しないと嘆いているかと思いますが、すべてのキーは腸にあるのです。

腸には「腸内フローラ」と呼ばれる菌の集まりがあります。
菌の種類は大きく分けて3つ、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」です。
これらは絶妙なバランスを保っており、それぞれが多くても少なくても体に影響を及ぼしてしまいます。
2:1:7の割合で腸内に棲息しており、このバランスが崩れると、便秘や肌荒れを引き起こします。
バリア機能が低下している状態、ですね。

では、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすためにはどうしたら良いのか、という話になりますね。
食べ物でいうと、食物繊維や乳酸菌などが豊富な食品を取るのが良いでしょう。
食物繊維と一言で言っても、インゲンやおからに多く含まれる不溶性食物繊維や、ゴボウや納豆に多く含まれる水溶性食物繊維があります。
乳酸菌が含まれる食材にヨーグルトがありますが、食べ過ぎるとお腹を冷やしてしまう恐れがあるので、一度にたくさん食べすぎないよう注意しましょう。
乳酸菌を多く含む食べ物だと、糠漬けなどがおススメです。

食べること以外にも、お腹を温めるようにするとか、規則正しい睡眠などももちろん必要です。
一度崩れた腸内フローラを整えるには時間がかかります。
日ごろから食生活に気を付けて、お肌も腸も美人になりましょう!

クイーンズスリムHMBの口コミ
https://xn--eckva5ad5q6b2cud.net/